子供部屋の間取り・仕切り方

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 子供部屋の間取り・仕切り方

<スポンサーリンク>

 

 

子供部屋の扱い方として、

子供が小さいうちは大きな1部屋として使って、
成長に合わせて、将来的には仕切る事ができるような間取りにしておく‥‥

このようなご希望をお持ちの方は、とても多いです。

その、最も一般的な手法は、
図のように、予めドアを2つ付けておくと言う方法。

これなら、真ん中に仕切りとなる壁を作るだけで、 二部屋に分けることができます。

ひじょうに簡単な工事でできるので経済的です。

 

もし、間取りを作成するなら、こちらがお薦め!

 

<スポンサードリンク>

 

 

子供部屋の仕切り方

 

しかし、その反面、デメリットもあります。

それはどんなデメリットなのか?

そのデメリットを解消するには?

ここでは、チョッと違った子供部屋の間取りの仕切り方をご紹介します。

 

冒頭でご紹介した一般的な子供部屋を実際に仕切ると、下のような間取りになります。

 

子供部屋の仕切り方(一般的方法)

 

5.6畳の子供部屋が2部屋できました。

5.6畳ではありますが、ベッドと机を置くと、残りの有効面積は3畳足らずしかありません。

これでは、友達を2~3人連れてくると、かなり窮屈な状態になります。

 

 

 

 

そこで、次のような間取りにしてみてはいかがでしょう。

 

子供部屋の仕切り方(別案)

 

廊下との仕切りを半分だけにして、オープンな空間としています。

上の図の寝室スペースとフリースペースを合せて11.5畳のワンルームですが、
仕切っていない廊下の部分も含めれば13畳ぐらいの広さになります。

子供が幼児の頃は、ここで親と一緒に寝るのも良いでしょう。

 

このページのトップへ ↑ 

 

<スポンサードリンク>

 

子供が小学生になったら、下図のようにベットと机を置いてあげます。

 

子供部屋の仕切り方(家具を配置)

 

子供が小学校の低学年ぐらいだと、まだまだ親から離れて子供部屋にこもる事はできません。

そこで、子供部屋をできるだけオープンな間取りにする事で、
親の気配を感じながら、子供が安心して利用しやすくなるような空間にします。

子供が成長する上で重要なのは、自分のテリトリーを自覚して、自分で管理する能力を身に付けていく事です。

ですから、少しずつ親から離れて行動する機会を増やしてあげて、
自分の居場所という意識が芽生えるように工夫してあげる必要があります。

初めの内は、自分の机、自分のベッド、自分のクローゼット‥‥という意識を持たせ、
子供が中学生ぐらいになれば、自分の空間‥‥個室を与えます。

家族の絆を作る家子供には徐々に自分のテリトリーを広げられるようにしてあげる事が必要だと、
静岡大学の外山知徳教授も著書の中で訴えています。

 

 

外山知徳教授の著書 次世代省エネルギー基準とは 家族の絆をつくる家 

 

 

いきなり、子供に個室を与えても、自分で上手く管理することができません。
個室を与える前に、準備期間を設けてあげます。

そして、個室が必要になった際には、子供部屋を仕切って、下の間取り図のようにします。

  子供部屋の仕切り方(別案の最終形2)

 

1部屋約3畳の広さですが、ベッドと机と本棚を置くには、十分なスペースです。

勉強するためには、広い空間よりも、狭いぐらいの方が集中できます。

完全にプライベートを守らなければならないモノに関しては、この3.1畳の空間の中に納めます。
兄弟同士、共有できそうなモノはフリースペースに納めます。

フリースペースの独立性が欲しい場合には、上右図のように廊下との間に仕切り壁を作ります。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

自分だけのスペースは3畳ほどしかありませんが、フリースペースが5.3畳あるので、
友達を2~3人連れてきたとしても、窮屈さを感じる事はありません。

 

子供部屋をこのような間取りにする場合、新築時のイニシャルコストは安くなりますが、
部屋を仕切る際に、扉が2つ必要ですし、仕切り壁の量も多くなるので、
一般的な子供部屋の仕切り方よりも、工事費用が十数万円ほど高くついてしまいます。

しかし、子供部屋の空間を合理的に使う間取りとして、ご検討されてみてはいかがでしょう。

 

 間取り作りの記事一覧

間取りづくりの記事間取りを作るためのコツ

間取りづくりの記事リビング

間取りづくりの記事キッチン

間取りづくりの記事主寝室

間取りづくりの記事子供部屋

間取りづくりの記事狭い子供部屋

間取りづくりの記事トイレ

間取りづくりの記事収納(押入・クロゼット)

もし、間取りを作成するなら、こちらがお薦め!

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について