回遊性のある動線の家【実例ギャラリー】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 回遊性のある動線の家

<スポンサードリンク>

 

注文住宅の間取り実例他の間取りはこちら

 

回遊性のある間取りとは、家の中をぐるぐる回れて、行き止まりが無い動線が特徴の間取りです。

まずは回遊性のある間取りの実例を動画でご覧ください。

動画長さ 4分20秒

 

動画では1階の回遊性だけを紹介していますが、実は2階も回遊性のある間取りになっています。

 

 

間取り図の方角
 
 
回遊性のある家の間取り1階
回遊性のある家の間取り2階

  

 

<スポンサードリンク>

 

 間取りの概要

家族構成:夫婦2人、子供1人(女)

延床面積:32坪

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

2WAYで柔軟な動線

通り道が2通りあるので、動線に柔軟性が出てきます。
ここでご紹介した間取りの場合、例えば休日に奥さんのお友達が遊びに来てリビングで歓談していたとします。
ご主人は2階の寝室でテレビを観ていたのですが、近所のコンビニで買い物をしたくなりました。ご主人としては奥さんのお友達と顔を合わせるのは少し気が引けるところがあるものです。
でも、この回遊性のある間取りであれば、2階からリビングを通らずに玄関から外へ出て行くことができます。

 

実際より広さを感じられます

行き止まりが無く、ノンストップでぐるぐると回遊できる事で、なんとなく広い家にいるような感覚になります。
延床面積が30坪前後かそれ以下の小さな家であれば、回遊性のある動線はより効果を発揮してくれることでしょう。

 

回遊性のある間取りには「引き戸」が有効

回遊性のある動線を採用するのでしたら、扉は開けっ放しにしておく事を基本にして、家中がつながった1つの空間となるようにするのが良いでしょう。
広さを感じられるようになりますし、断熱性能が高ければ、家の中に温度差がなくなり、より快適に暮らせます。
来客があった時など、仕切りたい場面も出てきますので、そう考えると、扉を引き戸にしておくと、臨機応変に対応できます。

ちなみに、ここでご紹介したお宅は、断熱材にセルローズファイバーを採用しています。

セルローズファイバーとは

 

 

注文住宅の間取り実例他の間取りはこちら

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について