LDKを分離した二世帯住宅【実例ギャラリー】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> LDKを分離した二世帯住宅

 

 

二世帯住宅と言っても、その形態は様々です。

世代間で完全に分離するパターンもありますし、
ほとんどを共有するパターンもあります。

ここでご紹介する二世帯住宅は浴室と玄関は共有ですが、
LDKは1階と2階に分離しています。

 

動画長さ 3分50秒

 

二世帯住宅の外観

外観

二世帯住宅の1階のLDK

1階LDK

二世帯住宅の2階のLDK

2階LDK

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

Placeholder image
 
 
二世帯住宅の1階の親世帯
二世帯住宅の2階の子世帯

 

 間取りの概要

家族構成:親世帯(夫婦2人) 子世帯(夫婦2人+子供2人)

延床面積:53坪(175平米)

 

間取りに対しての主なご要望

全体としてのご要望

親世帯のご要望

子世帯のご要望

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

浴室は共有する二世帯住宅

浴室と寝室

完全に分離する二世帯住宅もありますが、
住宅設備は費用の掛かる箇所になりますので、親世帯と子世帯のライフスタイルを検討して、共有できる部分は共有するのが経済的ですね。

こちらのご家族の場合、親世帯は夜が早いですが、子世帯は共働きで、夜は遅くなりがちです。

そうなると、LDKは別々にした方が良いですが、入浴の時間帯が重なることは無いので、浴室は1つでも、混雑するような事はありません。

更に、浴室と両親の寝室を遠ざける事で、子世帯も気兼ねなく入浴する事ができます。

 

 

リビングと一体のウッドデッキ

リビングと一体のウッドデッキ

リビングの床とほぼ同じ高さのウッドデッキを設けています。

決して狭いリビングではありませんが、リビングの床が外まで延長しているような感じになって、より広がりを演出する事ができます。

 

 

部屋の用途を柔軟に変更

部屋の用途を柔軟に変更

二世帯住宅の場合、どうしても部屋数が多くなりがちで、その分、床面積も増え費用もかさんでしまいます。

ただ、10年もすると、どうしても親世帯は体が衰えていきますし、家族構成の変化という事も考えられます。

このお宅の場合、1階の洋室はお母様の洋裁の作業部屋という設定になっていますが、10年後も今のように洋裁をできないかも知れません。

また、イザとなれば床の間のある和室で、洋裁をする事も可能です。

そうなれば、将来は1階の洋室を子供部屋として使ってもよくなるので、当初必要としていた部屋数を1つ減らすことができました。

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について