廊下の無い省スペースの家【実例ギャラリー】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 廊下の無い省スペースの家

<スポンサードリンク>

 

 

注文住宅の間取り実例他の間取りはこちら

 

広い家であれば空間を贅沢に使う事もできますが、
狭い家であればあるほど、間取りをつくる際に、できるだけ無駄なスペースは省きたいですね。

その代表格が「廊下」

ただ通るだけのスペースを無くして、その分、居室や収納に空間を振り分けられないものでしょうか。

ここでご紹介する家では、廊下を無くして、ホールから直接各居室へいける動線になっています。

 

<スポンサードリンク>

 

 

動画長さ:3分23秒

 

 

間取りの方位
 
 
廊下の無い家の1階

1F

  

廊下の無い家の2階

2F

  

 

 間取りの概要

家族構成:夫婦2人 娘さん2人(20代)

延床面積:34.7坪(115平米)

敷地面積:31.5坪(104平米) 建ぺい率60% 容積率200%

 

間取りに対しての主なご要望

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

廊下が無く、ホールから各居室へ

廊下が無い間取り

この間取りの最大の特徴がホールから居室へ行くようになっている動線です。

それによって、できるだけ廊下を無くすことができるので、省スペースになります。

特に狭い家であればあるほど、この手法が有効です。

できるだけ、家の中央にホールがくるようにするのが、この間取りを作るうえでのコツになります。

 

 

和室への2つのルート

和室への2つのルート

和室へ行くルートが2つあります。

玄関から直接行くルートと、LDKから行くルートです。

この事によって、次のような要望に応えることができました。

家族で男性は1人、女性が3人。
ご主人にしてみたら、静かな環境で、好きな映画や録画したテレビ番組などの鑑賞をする場として、リビングから少し離れた(完全に離れて孤立はしたくないので)第二のリビングのような部屋が必要でした。

また、保険の外交員などのような、ちょっとした来客に対応するための応接間が必要でした。

その両方の機能を果たしてくれます。

 

 

玄関框を斜めに

斜めの玄関框

自転車2台分を置くスペースを玄関の中に設けることをご希望されていました。

そうなると結構広い玄関の土間が必要になります。

自転車置き場のスペースを確保しつつ、玄関框を斜めにすることで、玄関ホールの広さも確保しました。

 

 

注文住宅の間取り実例他の間取りはこちら

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について