三四五(さしご)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>三四五(さしご)とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

三四五(さしご)とは

古くから建築の世界で使われてきた
「矩(かね)」を出すための手段です。

建築の世界では直角の事を「矩(かね)」あるいは「矩手(かねて)」と言います。

 

建築現場で丁張り(ちょうはり)などの墨出しの際に使われてきました。

最近ではレーザー墨出し器を使って直角を出しますが
以前は各辺の比率が3:4:5の三角形を描いて直角を出していました。

 

上がり框とは

 

 

大昔から、大工などの建築職人たちは
ピタゴラスの定理を知らなくても
この方法を「三四五(さしご)」と呼んで利用していました。

「三四五(さしご)」の起源は非常に古く、
ピタゴラスの定理が発見されるよりも以前、
4500年前のエジプトでは既に3:4:5の直角三角形を使っていたそうです。

ちなみにバビロニアでは5:12:13の直角三角形を使っていたそうです。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について