【住宅ローン入門】元利均等と元金均等の違い

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 元利均等と元金均等の違い

 

 

 

住宅ローンを申請するときに、返済方法を選びますが、
返済方法には元利均等と元金均等というものがあります。

元利均等と元金均等について、優しく解説します。

 

 元利均等とは

 

月々の返済金額が一定で変わりません。

返済当初は利息の割合が多く、元金がなかなか減っていかないのですが、
返済が進むにつれて、徐々に元金の割合が多くなって、 
支払い修了間近になると返済額のほとんどが元金になります。

 

 元金均等とは

 

元金を月々一定の金額で払っていきます。
利息は元金の残高に対してかかってきます。

返済当初は残高が多いため、利息が多くなりますが、
返済が進めば残高が減っていき、
それに伴って利息も少なくなってくるので、
徐々に月々の返済金額が減っていくことになります。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

2500万円を金利3% 、30年の固定金利で借入れた場合のシュミレーションを見てみましょう。

 

 返済金額

 

元利均等は105,401円で30年間変わりません。
元金均等は1回目が131,944円ですが、
13年目の156回目には105,034円になり、
元利均等とほぼ同じになります。

それ以降は元利均等を下回り、
最終の360回目には69,788円と大きく下回ることになります。

 

 
1回目
2回目
3回目
156回目
360回目
元利
均等
105,401円
105,401円
105,401円
105,401円
105,401円
元金
均等
131,944円
131,770円
131,596円
105,034円
69,788円

 

 

 ローン元金残高

 

常に元金均等の方が残高は少なく、早く元金が減っていきます。

 

 
1回目
2回目
3回目
156回目
360回目
元利
均等
24,957千円
24,914千円
24,870千円
16,827千円
0円
元金
均等
24,930千円
24,861千円
24,791千円
14,166千円
0円

 

 

 返済総額

 

元金均等の方が約166万円も少なくて済みます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

30年から35年の長期間でローン返済を組んだ場合、
ほとんどの人が元利均等返済を利用しています。

元金均等返済の方が利息が少なくて済むのは分かっていても、
当初の支払金額が多くなるので、
ローンの審査の際に、必要な年収条件が厳しくなり、借りにくくなります。

返済にゆとりのない人は、
とりあえず元利均等返済でスタートするのが無難です。

でも、もしあなたの住宅ローンの返済に余裕があって、
「若いうちにドンドン返してしまいたい!」という場合には、かなりメリットがあります。

また、まずは元利均等返済でスタートして、
状況に応じて元金均等返済に切り替えることもできます。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について