屋根断熱(外張り)との組合せ【断熱工法の比較】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 屋根断熱(外張り)との組合せ

 

 

 

住宅の部位ごとの断熱工法の組み合せ方で特徴が違ってきます。
ここでは屋根の外張り断熱を基軸にして6パターンの断熱工法について「断熱性」「気密性」「価格」の尺度で評価し、比較します。

断熱工法の組合せは全部で18パターンあります。

このページ以外の残り12パターンについては下記をクリックしてご覧ください。

 

 天井断熱との組合せ

 

 屋根断熱(充填)との組合せ

 

ここでの評価は絶対的なものではなく、傾向を示すもので、施工者の技量や知識によって大きく左右されます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 壁:充填断熱 床断熱

評価ポイント22

壁:充填断熱 床断熱
断熱工法の評価22

断熱性に重点が置かれています。屋根断熱に外張りだけではなく充填断熱も併用すると、より高い断熱性を得られます。

屋根以外は充填断熱なので、価格もそこそこ抑えられそうです。

このパターンで高い気密性を確保する場合、気密施工に対する知識も必要ですし、手間もかかりそうです。

 

 壁:充填断熱 基礎:内断熱

評価ポイント22

壁:充填断熱 基礎:内断熱
断熱工法の評価22

比較的、バランスの良いパターンです。

外壁と屋根の納まりを注意して施工すれば、結構、気密性も確保できそうです。

 

 壁:充填断熱 基礎:外断熱

評価ポイント20

壁:充填断熱 基礎:外断熱
断熱工法の評価20

あまりバランスがいいとは言えないパターンです。

結構、手間暇がかかりそうな割に、断熱性には難があるかもしれません。

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 壁:外張り断熱 床断熱

評価ポイント20

壁:外張り断熱 床断熱
断熱工法の評価20

割と有りがちなパターンです。

床部の気密施工に気を使えば、気密性の確保も期待できるでしょう。

 

 壁:外張り断熱 基礎:内断熱

評価ポイント20

壁:外張り断熱 基礎:内断熱
断熱工法の評価20

外張り断熱をウリにしている工務店では、最もオーソドックスに採用されているパターンです。

ひじょうに気密性は確保しやすいです。

もっと断熱性を高めたい場合は 、充填断熱を併用するといいでしょう。

 

 壁:外張り断熱 基礎:外断熱

評価ポイント18

壁:充填断熱 基礎:内断熱
断熱工法の評価18

外張り断熱としては理想的なパターンです。

ただ、基礎断熱に使う断熱材が発泡ポリカーボネートの5センチ厚だけだと、今一つ物足りないように感じますので、何らかのもう一工夫が必要かも知れません。

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

このページ以外の残り12パターンについては下記をクリックしてご覧ください。

 

 天井断熱との組合せ

 

 屋根断熱(充填)との組合せ

 

 ★評価方法

 

断熱性の評価

 

天井・屋根の断熱
天井断熱が2点、屋根の充填断熱が1.5点、屋根の外張り断熱が1点。

天井断熱は断熱材の厚さを容易に厚くできる。
屋根の充填断熱は屋根の厚さによって断熱材も厚くできる。
屋根の外張り断熱は断熱材の厚さが10センチ以上になると施工が困難。

 

壁の断熱
充填断熱が2点、外張り断熱が1点。

充填断熱は壁の厚さによって断熱材も厚くできる。
外張り断熱は断熱材の厚さの限界が6センチまで。

 

床下の断熱
床断熱が2点、基礎内断熱が1.5点、基礎外断熱が1点。

床断熱は断熱材の厚さを容易に厚くできる。
基礎内断熱は断熱材の厚さよりも地熱の影響の方が大きい。
基礎外断熱は断熱材が基本的に発泡ポリカーボネートの5センチ厚のため。

 

気密性の評価

 

天井・屋根の気密
天井断熱が1.5点、屋根の充填断熱が1点、屋根の外張り断熱が2点。

天井断熱は屋根の充填断熱よりは気密が確保しやすい。
屋根の充填断熱はこの中で最も気密が確保しにくい。
屋根の外張り断熱は気密の確保が最も容易。

 

壁の気密
充填断熱が1点、外張り断熱が2点。

充填断熱は気密の確保はどちらかと言えば困難。
外張り断熱は気密の確保が容易。

 

床下の気密
床断熱が1点、基礎内断熱が2点、基礎外断熱が2点。

床断熱は気密の確保が結構困難。
基礎内断熱と基礎外断熱の気密の確保は容易。

 

価格の評価

 

天井・屋根の価格
天井断熱が2点、屋根の充填断熱が1.5点、屋根の外張り断熱が1点。

天井断熱は施工が最も容易。
屋根の充填断熱は天井断熱よりは施工がやや困難。
屋根の外張り断熱は最も施工が困難。

 

壁の価格
充填断熱が2点、外張り断熱が1点。

充填断熱よりも外張り断熱の方が断熱材は高価で施工手間もかかる。

 

床下の価格
床断熱が2点、基礎内断熱が1.5点、基礎外断熱が1点。

床断熱は専用金物もあり施工が容易にできる。
基礎内断熱は床断熱よりはやや手間が掛かる。
基礎外断熱はモルタル塗り等の仕上げに手間が掛かる。

 

各評価ごとに、最も高得点のパターンを10点として、次点を9点、8点、7点・・・と割り振り、「断熱性」「気密性」「価格」の3項目の合計の評価ポイントは30満点となります。

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について