断熱工法の組合せと特徴

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 断熱工法の組合せと特徴

<スポンサードリンク>

 

 

断熱工法は単純に充填断熱と外張り断熱の2種類に分けられません。
部位によって充填断熱と外張り断熱を使い分けたり、組み合わせたりして、いろいろなパターンがあります。

組み合わせ方によって断熱効果の特徴も違ってきます。

ここでは、どんな断熱工法の組み合わせ方があって、
どんな特徴があるのかを 図解で分かりやすく比較します。

下記をクリックしてご覧ください。

 

 天井断熱との組合せ

 

 屋根断熱(充填)との組合せ

 

 屋根断熱(外張)との組合せ

 

 

ところでまずは、「屋根・天井」「壁」「床下」のそれぞれの部位ごとに、
どんな断熱工法があるのかを見てみましょう。

 

 

 ★天井・屋根の断熱工法

天井や屋根の断熱工法は次の3パターンがあります。

天井断熱
屋根の充填断熱
屋根の外張り断熱

 

天井と屋根の断熱工法について詳しくはこちらをご覧ください。

天井断熱と屋根断熱へ 天井断熱と屋根断熱の比較【メリットとデメリット】

 

 

<スポンサードリンク>

 ★壁の断熱工法

壁の断熱工法は次の2パターンがあります。

壁の充填断熱
壁の外張り断熱

 

厳密には充填断熱と外張り断熱を併用したハイプリッド断熱もありますが、ここでは分けて考えます。

 

充填断熱と外張り断熱について詳しくはこちらをご覧ください。

充填断熱と外張り断熱へ 断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

 ★床下の断熱工法

天井や屋根の断熱工法は次の3パターンがあります。

床断熱
基礎断熱の内断熱
基礎の外断熱

 

床下の断熱工法について詳しくはこちらをご覧ください。

床下の断熱へ 床下の断熱【床断熱or基礎断熱】

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

ご紹介した通り、

天井・屋根の断熱方法は3パターン。

壁の断熱方法は2パターン。

床下の断熱方法は3パターン。

したがって、各部位ごとに1パターンずつ選択すると、全部で18パターンの組み合わせができます。

例えば
屋根は外張り断熱、壁は充填断熱、床下は基礎の内断熱という組合せも18パターンの中の1つです。

Placeholder image

 

断熱方法の組合せ方によって、特徴が違ってきます。

ここでは全18パターンの組み合わせを「断熱性」「気密性」「価格制」の尺度で特徴を比較していきます。

しかし、18パターン全てを1ページに掲載してしまうと、データー容量が大きくなり過ぎるので、便宜上、「天井・屋根の断熱工法」の3パターン別に、3ページに分けて掲載します。

下記をクリックしてご覧ください。

 

 

 天井断熱との組合せ

 

 屋根断熱(充填)との組合せ

 

 屋根断熱(外張)との組合せ

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について