イメージスケールとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>イメージスケールとは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

このページはイメージスケールを開発した
(株)日本カラーデザイン研究所の許可を得ております

 

イメージスケールとは、 漠然とした「イメージ」を明確につかむためのツールです。
家の外観やインテリアを考える際に役立ちます。

横軸に「WARM」⇔「COOL」、縦軸に「SOFT」⇔「HARD」として、イメージを分類します。

 

イメージスケール

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

イメージスケールは配色を元に体系化されています。

まず、数千人の被験者に対し、
色々な形容詞から、それをイメージさせる3色の配色を作ってもらいます。

それを集計すると、
それぞれの言葉に対し、それぞれ似たような配色パターンに人気が集中するようになります。

つまり、人気が集中した配色が、その言葉を表す配色となります。
例えば次のような感じです。

 

イメージスケールの配色

 

こうして集計した配色をイメージスケール上にプロットしていきます。
イメージスケール上で
左の方は暖色、右の方は寒色
上の方は淡い色、下の方は濃い色
となるので、ピンポイントで配色の位置を確定できます。

 

イメージマップの配置

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

実際に集計された配色をイメージスケール上にプロットしていくと次のようになります。

イメージスケールの配色配置

 

プロットした配色を符合する形容詞の言葉に置き換えることで、
漠然とした「イメージ」をイメージスケール上の位置に明確に表現できるようになります。

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

更に、近寄っている似たような意味の形容詞をグループ化することで、
「モダン」や「シック」、「エレガント」、「ナチュラル」、「ゴージャス」
といったようなスタイルの名称をイメージスケール上にゾーニングすると次のようになります。

 

イメージスケールのゾーニング

 

これを基にして、家の外観やインテリアをコーディネートしていくとセンス良くまとめることができます。

 

家の外観やインテリアをセンス良くまとめる具体的方法についてはこちら

インテリアコーディネートのコツへ インテリアコーディネートのコツ

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について