住まいの照明計画と照明器具の選び方

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 住まいの照明計画と照明器具の選び方

<スポンサードリンク>

 

照明計画は、住む人にとって快適な生活を実現するための
重要な役割りを果たします。

豊かなあかりを楽しむためには、
単に明るければ良い、デザインが美しければ良いといったことではありません。
安全や健康を保つことはもちろん、
住まいとして暮らしやすく楽しい雰囲気を作り出すことが大切です。

そのために役立つのが照明計画。


新築住宅の場合は、とくに設計段階から照明計画を立てる必要があります。

工事が始まってからでは照明計画の変更ができなくなるので、
契約する時点では、ほぼ決まっていなくてはなりません。

 

住まいの照明器具入門の目次

 

照明器具の種類へ照明器具の種類

 

図面の記号へ図面の記号

 

図面の表記へ図面の表記の仕方

 

スイッチの位置へ基本的なスイッチの位置

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

照明器具には、主に下の図の種類があります。
照明器具のカタログは、大概この種類によって分類され掲載されていますし、
住宅会社や建築士、インテリアコーディネーター、電気屋さんなど、皆この名称で呼ぶので、
覚えておくと便利です。

 

照明器具の種類

 

 照明器具の種類と用途

 






天井から吊り下がっていて、電球が何個も付いている照明器具。
チェーンによる吊り下げ型と直付け型に分類され、
天井の高さによって選定します。

一般住宅やマンションは2.4m程度の低い天井高なので直付け型の方が使いやすいでしょう。

取り付けは電源位置で決まり、移動が不可能なため、
部屋のレイアウトに大きく影響します。
たがって全体照明として使われることが多く、
食卓などの部分照明としてはふさわしくありません。

シャンデリアはクラシックやエレガントタイプが種類として多いのですが、直付けタイプではモダンに属するデザインもあります。

照明器具シャンデリア




天井面に直接取り付ける、比較的薄型の照明器具を言います。

低い天井の部屋や作業性が求められる場所、
寝室などによく利用され、
空間を有効的に使う目的や、
均一な明るさを求める際にふさわしい照明です。

クラシックやエレガントな空間には白熱灯のシーリングが似合い、
蛍光灯タイプはモダンや和風の空間にふさわしい種類が多く、
空間をシンプルにまとめるのにひと役買うことも多いようです。

照明器具シーリング




壁面に取り付ける照明器具のことです。

電源が配線されていないと設置できないので、
新築やリフォーム時でないと選定できません。

けれども光の効果としては壁面が明るくなるため、
視覚的な明るさ感や、空間の大きさを表現でき、
オブジェとしてのデザイン性も高まります。

空間別では、クラシックやエレガントな空間には、
シャンデリアとおそろいのデザインのブラケットがありますから、
統一感を演出するのも容易です。

モダンなタイプとしては上向きの光が出て、
間接照明的に壁面を明るくするものが、
最近では非常に多くなりました。

照明器具ブラケット






特定の対象物に光をに向けて照らすことができるようにするものです。
どちらかといえば狭い配光自由に動く機構をもっています。

また、取り付けに関しては
直付け型とライティングダクト(レール)に取り付けるタイプがあり、
後者はダクトの範囲で位置が移動できますし、
器具の追加が簡単なので、照射位置が変わるような場合には、
あらかじめダクトを設置するのが良いでしょう。

照明器具スポットライト




吊り下げ型の単体照明器具を総称し、
コード吊りやチェーン吊り、ワイヤ吊りなどがあります。

ペンダントで重要なポイントは、配光のタイプで選定すること。

金属でつくられているものは下部だけに光が出て天井や壁が暗くなり、
ガラスやアクリルでつくられているタイプは、部屋全体に光が行き渡ります。

照明器具ペンダント





照明器具の種類は多岐にわたりますが、
最近の住宅照明に多く使われるものとしてダウンライトがあります。

天井に埋め込まれるため、
シンプルで、モダンな空間を創ることができ、
光そのもので空間の特徴を演出できます。

形は似ていても様々な配光種類があり、
一般の方には大変選定しにくいかもしれませんが、
大きく2つに分けると、光の広がりが大きい全般照明用と、
部分的なスポットライトの機能を持つ部分照明用に分けられます。

ダウンライトを選定する時には、 配線前であること、
ランプ交換などのメンテナンスが可能な場所であることなどの
確認が必要です。

照明器具ダウンライト



床などに置いている照明器具。
ホテルなどでは、ベッドの横に置かれていることが多い照明器具です。

このスタンドはダウンライトと同じように
部屋の演出に使われることが多いです。

自由に位置を移動できる事が利点ですが、
部屋が狭いと邪魔になり事があります。

照明器具スタンド





高齢者が多くなるこれからの日本の住宅には、
フットライト(足下灯)が必需品になります。

フットライトはブラケットの発展形ですが、
壁に埋め込むため位置や数を十分検討する必要があります。

施工が難しい場所なので、工事業者との打合せが必要です。

白熱灯、蛍光灯など、色々なランプのものがありますが、
常夜灯としてほのかな明かりが欲しい場合は、
LEDタイプのモノが経済的です。

照明器具フットライト

 

 

<スポンサードリンク>

 

照明計画は設計段階で行わなければならないので、
図面上で検討していかなくてはなりません。

そのためにも、照明計画の図面の見方を覚えておきましょう。

設計図書の中で、照明計画は「電気設備図」という図面に表されています。
「電気設備図」の中で照明器具は下の表の記号で表されています。

 

照明計画 一般照明 一般照明 照明計画 シャンデリア シャンデリア
照明計画 シーリング シーリング 照明計画 ブラケット ブラケット
照明計画 ペンダント コードペンダント 照明計画 コードペン チェーンペンダント
照明計画 ダウンライト1照明計画 ダウンライト2 ダウンライト 照明計画 フットライト フットライト
照明計画 蛍光灯 蛍光灯
(直管ランプ)
照明計画 スイッチ スイッチ
照明計画 3路スイッチ 3路スイッチ 照明計画 調光 調光スイッチ

 

これは最も一般的に使用されている記号ですが、
住宅会社や設計事務所、電気屋さんによって、多少異なる場合があります。

もし、見た事のない記号が表記されていた場合、
図面の右端に凡例が出ているので、
それを見れば何を表す記号なのかが分かります。

 

 

<スポンサードリンク>

 

照明器具とスイッチの関係
  照明器具とそれをON/OFFするスイッチは線で結ぶ 照明計画 1
1つのスイッチで 複数の照明を操作する場合
一緒にON/OFFされる照明器具を線で結ぶ 照明計画 2
2つのスイッチで 複数の照明を操作する場合
スイッチを2つ並べて表記し、
それぞれのスイッチが対応する照明器具と線で結ぶ。
照明計画 3
この場合、図面上で壁から遠い方のスイッチが上になる事を表す。

右上の例の場合、壁から遠くなっているシーリングのスイッチが上、
壁に近いダウンライト2灯のスイッチが下に設置される。
 
照明計画 4
3路スイッチで 照明を操作する場合

廊下や階段などでは、
2箇所の離れた場所で照明器具の ON/OFFができると便利です。

このようなスイッチを「3路スイッチ」と言います。
その場合、右図のように、 それぞれのスイッチの横に「3」と記載します。

3箇所のスイッチでON/OFFを操作する場合は、「4路スイッ チ」と言い、
スイッチの横に「4」と記載します。

3路スイッチと4路スイッチの仕組みについては
次のようになっています。

 

3路スイッチ配線図 3路スイッチ

 

4路スイッチ配線図 4路スイッチ

 

照明計画 5

 

<スポンサードリンク>

 

 スイッチの高さ

スイッチの一般的な高さは125センチです。

しかし状況に応じて、高さを変える必要が生じます。
例えば、ベッドの枕元にスイッチを設ける場合などは
寝た姿勢で操作ができるように100センチの高さにするのが良いです。

照明計画 スイッチ高さ

 

 居室のスイッチ

居室の入り口がドアの場合、
吊元側ではなく取手側に設けます。

引き戸の場合、引き込まれる方の反対側に設けます。

もし、この位置にスイッチを設置できない場合、
何らかの工夫をしないと非常に使い勝手が悪くなります。

照明計画 スイッチ位置1

照明計画 スイッチ位置2

 

 3路スイッチの活用

廊下や階段以外でも、3路スイッチが役に立つ場合があります。
例えば、寝室で使う照明器具がリモコンに対応していない場合、
ベッドの位置の枕元に3路スイッチを設けると良いでしょう。

ベッドの枕元のスイッチの高さは、通常より低い100センチが良いですが、
ベッドのヘッドボードによっては、スイッチが隠れてしまう事もあるので、
その辺りの確認が必要です。

リモコン対応の照明器具は、同じデザインのそうでない器具よりも
1万円以上高くつきます。

しかし、3路スイッチを設けるためにかかる費用は5~6千円程度で済むので、
わずかながらコストダウンになります。

照明計画 スイッチ位置3

 

 トイレ・洗面所のスイッチ

一般的に居室のスイッチは部屋内に設置しますが、
トイレ・洗面所は外に設置します。

しかし、外にいる人に照明を消されるのが嫌ということで、
部屋内に設置する方もいらっしゃいます。

また、最近では人感センサーつきの照明器具もあるので、
その場合は、スイッチでON/OFFする必要がないため、
部屋内の、わざと操作しにくいところに設置します。

 

<スポンサードリンク>

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について