熱伝導率とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>熱伝導率とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

熱伝導率とは、
熱の伝えやすさを表した値。

物質の両面に1度の温度差があるとき、
1㎡当たり1時間にどれだけの熱量が伝わるかを数値化し、
熱伝導率として表現されます。

この熱伝導率の値が大きければ大きいほど、
移動する熱量が大きいことであり、熱が伝わりやすいことになります。

熱伝導率の単位はW/(m・K)です。

熱伝導率は熱貫流率(U値)熱損失係数(Q値)を計算する際の、重要な数値です。

 

主な断熱材の熱伝導率は次の通り

断熱材の種類
熱伝導率
一般のグラスウール
10kg/m³
0.050W/m・k
16kg/m³
0.045W/m・k
24kg/m³
0.038W/m・k
32kg/m³
0.036W/m・k
高性能グラスウール
16kg/m³
0.038W/m・k
24kg/m³
0.036W/m・k
32kg/m³
0.035W/m・k
40kg/m³
0.034W/m・k
48kg/m³
0.033W/m・k
セルロースファイバー
25kg/m³
0.040W/m・k
45-55kg/m³
0.034W/m・k
A種押出法
ポリスチレンフォーム
保温板
スタイロエース(3種)
0.028W/m・k
2種
0.034W/m・k
1種
0.040W/m・k
A種硬質
ウレタンフォーム
保温板
アキレスボード(2種2号)
0.024W/m・k
1種1号
0.024W/m・k
1種2号
0.025W/m・k
2種1号
0.023W/m・k
建築物断熱用吹付け
硬質ウレタンフォーム
アイシネン
0.035W/m・k
A種1・A種2
0.034W/m・k
A種3
0.040W/m・k
A種フェノールフォーム
保温板
ネオマフォーム
0.020W/m・k
1種1号・1種2号
0.022W/m・k

 

その他、主な建築材料の熱伝導率はこちらでダウンロードできます。

熱伝導率一覧表のダウンロード

 

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について