防火地域とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>防火地域とは【住宅建築用語】

 

 

 

他の建築法規へ他の建築法規についてはこちら

 

 

防火地域とは、
都市防災上の観点から建物の構造に一定の制限を設けたもので
用途地域とは別に定められています。

 

都市部の火事のイメージ

 

防火地域は一般的には主に商業地域や
建物が密集している市街地の中心部や、
幹線道路沿いに指定されていることが多いです。

都市部の市街地では、建物が密集しているため、
火災が発生すると大惨事になりかねないため
建築物の構造を制限し、不燃化する事で延焼を防ぐ事が目的です。

 

防火地域のエリアを調べ方は、それぞれの自治体の建築課などで地図を閲覧します。ホームページから調べられます。

例えば東京都の場合はこちら
東京都の防火地域へ東京都 都市整備局

京都市であればこちら
京都市の防火地域へ京都市 用途地域検索

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

防火地域では、地階を含む階数が3以上か、
または延べ床面積が100㎡を超える建物は耐火構造としなければなりません。

100 ㎡以下の小規模な建物でも準耐火構造としなければなりません。

 

 
階数↓・延床面積→ 100平米以下 100平米超
3階以上 耐火建築物 耐火建築物
1階
又は
2階
耐火建築物
又は
準耐火建築物
耐火建築物
 

 

また、次の場合には防火地域の制限が適用されません。

  • 延面積が50平方メートル以内の平家建の附属建築物で、外壁および軒裏が防火構造の場合
  • 卸売市場の上家・機械製作工場で、主要構造部が不燃材料でつくられたもの等
  • 高さが2mを超える門または塀で、不燃材料で造り、または、不燃材料で覆われたもの
  • 高さが2m以下の門・塀

 

防火地域で建築できる建物は一般的には鉄筋コンクリート造ですが、
国土交通大臣の認定を受けたものであれば、木造住宅も建てられます。

 

他の建築法規へ他の建築法規についてはこちら

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について