付け框(かまち)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>付け框(かまち)とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

付け框とは
玄関の上り框と同じ高さで、
土間の仕上げ材と、壁の仕上げ材の見切り材の役目をしている化粧材です。

一般的に付け框は、上がり框と同じ材質で、
断面寸法が上がり框の1/3の厚みさものが使われます。

 

上がり框とは

 

上がり框は高価なこともあり、
人目に付きにくい勝手口などには付け框で代用する事が見受けられますが、
付け框は上がり框のように、人が踏むことを想定せずに作られているので、
上がり框の代わりに付け框を使用すると、
後に、表面の化粧材が剥がれてくるなどの支障をきたすことがありますので、注意が必要です。


 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について