スマートハウスとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>スマートハウスとは【住宅建築用語】

 

 

 

スマートハウスとは

スマートハウスの「スマート」とは「賢い」という意味で、
IT技術を使って家庭内のエネルギー消費を制御するという 「エネルギーの使い方が賢い家」の事です。

家庭内の設備機器をネットワーク化して、
ホーム・エネルギー・マネージメント・システム(HEMS)により、 エネルギー使用のコントロールをします。

また、太陽光発電やコジェネレーション(ガス発電・給湯)などで発電した電力、
あるいは料金の安い深夜電力を住宅用蓄電池に蓄え、 必要な時にはそこから電力をまかないます。

 

スマートハウスの概略

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

電力の使用状況をモニターで確認でき、 手動でコントロールすることもできます。

また、インターネットを利用して、 スマートホンや外出先のPCなどからも コントロールすることが可能です。

東日本大震災の原発事故などを機にスマートハウスの需要は高まり、
大手ハウスメーカーもスマートハウス市場に向けた商品を 次々に投入しています。

 

スマートハウスのメリットは
エネルギーマネージメントによって、電力消費のピークを分散し 電力不足の解消に寄与する事と、
CO2排出の削減にも実現にもつながります。

また、消費者からすると、 スマートハウスは光熱費の削減による経済的メリットがあります。

特に太陽光発電やコジェネレーションを設置し、発電した電気を蓄電池に電気を蓄えるなどする事により
エネルギー収支をゼロにすることが可能です。


しかし、スマートハウスを採用する場合は まず先に、建物の断熱気密性を考慮すべきです。

いくらスマートハウスでエネルギーの最適化を図り、エネルギーの創成をしても
冷暖房エネルギーのロスが大きくては、
ブレーキを踏みながら、アクセルも踏んでいるようなものです。

最低でも、 (※東京や大阪のような比較的温暖な地域で)
Q値が2.7以下、C値が2.0以下(温熱等級4)はクリアしているべきです。

もちろん、もっと高断熱高気密である事が望ましいです。

 

スマートハウスのデメリットは
HEMSに太陽光発電やコジェネレーション、高断熱高気密となると
当然、住宅の価格を大きく押し上げることになります。

また、装置が複雑で重装備になれば、故障する確率が高くなりますし、
故障した際の修理費もバカになりません。

スマートハウスを採用する際は、そのようなライフサイクルコストと
安くなるランニングコストを天秤にかけて、よく検討する必要があります。

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について