ラーメン構造とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>ラーメン構造とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

ラーメン構造とは、建物の構造の一種で、
柱やが接合する部分を変形にしくいように緊結した構造のこと。

 

写真はラーメン構造の典型的な梁と柱の接合部です。

 

ラーメン構造の接合部

 

ラーメン構造の最大の特徴は、
柱と柱の間を6~ 8mの間隔にすることが可能なので、
事務所ビルや中層集合住宅などなどのような、大空間を必要とする建物に向いている構造です。

 

蛇足ですが、 日本語では発音が一緒ですが、食べるラーメンとは全く関係ありません。

ラーメン構造の名の由来はドイツ語の枠という意味のRahmenからきています。
水平方向の外力などに対抗できる強い骨組を形成しているような建築構造のことを、
建築学では「ラーメン構造」と呼んでいます。

ラーメン構造は、近代建築では、最も一般的な構造形式で、
鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建築物の多くに採用され、
最近では木造でもラーメン構造が採用されています。

ラーメン構造が現在のように一般的な形式となったのは、 20世紀に入って以降のことで、
鉄やコンクリートが普及するのに伴って、ラーメン構造も一緒に普及してきました。

歴史的な蓄積が多い構造なので、信頼性も非常に高です。

 

なお、ラーメン構造を採用している主なハウスメーカーは次の通りです。

鉄骨系

ラーメン構造のハウスメーカー積水ハウス  ラーメン構造のハウスメーカートヨタホーム

 

ラーメン構造のハウスメーカーへーベルハウス ラーメン構造のハウスメーカーミサワホーム

 

木質系

ラーメン構造のハウスメーカー住友林業

 

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について