プレカットとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>プレカットとは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

プレカットとは、
建築用の材料を事前に工場で加工しておくことです。

以前は現場で大工さんが、図面をもとに柱や梁に墨付けをし、
木材の仕口や継手を手刻みで行なっていましたが、
工場で、事前に加工を施し搬入するようになりました。

 

継ぎ手:腰掛け蟻継ぎ

継ぎ手:腰掛け蟻継ぎ

 

 

<スポンサードリンク>

 

特に最近のプレカットは、設計図面のコンピュータ化により、CAD入力と連動させ、
機械によって精密に加工されます。

プレカットより、品質にばらつきがなく安定し、
建築期間を短縮したり、人件費の抑制ができるようになりました。

しかし、熟練した大工さんは手刻みによって、
一本一本の木の特性に合わせたり、
現場の状況に合わせたりなど、
機械にはできない微妙な調整を行うことができますが、
プレカットによりそのような高度な技術が、
途絶えることになってしまう事を危惧する声もあります。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について