建築面積とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>建築面積とは【住宅建築用語】

 

 

他の建築法規へ他の建築法規についてはこちら

建築面積とは

建物を真上から見たときの水平投影面積のことです。
1階より2階の面積が大きい建物の場合は
2階を地面に投影した面積となります。

外壁や柱の中心を基準に算出します。

ただし、高い開放性を有する箇所は、建築面積には入りません。

ですから、バルコニーやベランダ、庇や軒は建築面積には含まれません。

建築面積 

 

玄関庇は基本的に建築面積には含まれないのですが、
庇の出を大きくして柱を建てて支える場合は
柱の中心で囲まれた部分も建築面積に算入されます。

バルコニーやベランダも三方を壁で囲まれたり
柱が建てられている場合は建築面積に算入されますし、
出幅が1メートルと超える部分、
例えば1メートル20センチの出幅であれば、20センチ分は算入されます。

更に、床から30センチ以上の高さの位置で、
壁からの出が50センチ以下の「出窓」は算入されませんが、それから外れる出窓は算入されます。

建築面積は建築基準法により規定されていて、建ぺい率を計算するときの基準に使われます。

建築面積は一般的に
「建坪」と同じように使用される場合があります。

しかし、「建坪」は1階部分の床面積のことを呼び、建築面積と同じように使っていますが、厳密には違います。

 

他の建築法規へ他の建築法規についてはこちら

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について