路線価(相続税路線価)とは【不動産・建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>路線価(相続税)とは

<スポンサーリンク>

 

 

土地の評価額を表す路線価には
相続税路線価と固定資産税路線価があります。

その内の相続税路線価とは
国税庁が道路毎に定めた土地の価格で、相続税や贈与税を算出するために用いられます。
1㎡当たりの価格で表されます。

相続税相続税について詳しくはこちらをご覧ください

相続税路線価は毎年7月ごろに公表され、
その年の1月1日時点での価格になります。

相続税路線価は公示地価の8割程度の価格になるように設定されています。

 

<スポンサードリンク>

 

 

相続税路線価はこちらで簡単に参照できます。

路線図を参照国税庁|財産評価基準書

 

道路上に矢印が示され、数字とそのすぐ後ろにアルファベットが記載されています。
数字は、その道路に接する土地の1㎡当たりの価格で、千円単位の表記になっています。
アルファベットは借地権割合で、割合は凡例に記載されています。

 

国税庁の相続税路線価のマップ

国税庁の相続路線価

 

 

 

 

 

資産評価システム研究センターというところでも参照できます。
こちらの方が使い勝手もよく見やすいかも知れません。

路線図を参照資産評価システム研究センター|全国地価マップ

 

全国地価マップの相続路線価

全国地価マップの相続路線価

 

 

<スポンサーリンク>

 

 相続税の計算

 

 路線価から相続税を計算

相続税を計算する上での土地の評価額は 基本的には「相続税路線価×面積」で算出します。

しかし、
土地の接道状況、奥行きの長さ、間口の狭さ、土地の形状
などが特殊な土地は、そこに補正率を掛けて算出します。

大まかな例えですが、
旗竿地(補正率0.7)で、 更に旗竿地の奥の方が不整形(補正率0.8)の土地だとすると
「路線価×面積×0.7×0.8」で計算する事になります。

 

路線価から相続税を計算

相続税の計算

 

補正率はこちらで調べる事ができます。

補正率を参照国税庁|財産評価|法令解釈通達

 

<スポンサーリンク>

 

 

 倍率方式で相続税を計算

ところで、路線価が付いているのは市街地の道路で
日本全国の道路で路線価が付いている訳ではありません。

その場合、毎年贈られてくる固定資産税評価額や納税通知書などから
倍率方式という方法で算出します。

計算式は次のようになります
土地の評価額=固定資産税評価額×評価倍率

 

評価倍率は国税庁のサイトで確認できます。

評価倍率を参照国税庁|財産評価基準書

 

 

 

 

 

路線価には他に固定資産税路線価というものがあります

詳しくはこちらをご覧ください。

路線価へ路線価(固定資産税路線価)とは

 

その他、公的機関が公表している土地の評価額に
公示地価というものがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

公示価格へ公示地価とは

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について