上げ下げ窓とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>上げ下げ窓とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

 

上げ下げ窓

 

 

上げ下げ窓とは
2枚のガラスを上下に並べた形状の窓で、
ガラスを上下にスライドさせて開閉する窓です。

上げ下げ窓は、欧米の住宅でよく用いられる窓です。

ガラスを上下に動かして開閉するため、地窓や高窓には不向きです。

開口部を大きくできない部分に対し、
縦長のスペースに用いる窓です。
有効換気面積は引き違い窓と同じように窓面積の2分の1になります。

一般的な引き違い窓は、戸車が付いているため、
窓枠と窓の間にどうしても隙間ができてしまいます。
一方、上げ下げ窓は、戸車がないため、気密性が高くなるメリットがあります。

また、引き違い窓よりも、防犯性に優れています。
(ただし、過信は禁物です)
反面、開閉の操作は引き違い窓よりはやりにくいのがデメリットです。

 

 

上げ下げ窓には種類があり
上側の窓が、はめ殺し(FIX)になっていて
下側のみ動かせるものを「シングルハング窓」、
上下のガラス戸が両方とも動かせるものを「ダブルハング窓」、
上下が連動して一緒に動くものを「バランス上下窓」といいます。

 

上げ下げ窓の種類

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 ★それぞれの上げ下げ窓のメリットとデメリット

 

シングルハング窓

【メリット】
ダブルハングやバランス上下窓よりも安価。
ダブルハングやバランス上下窓よりも気密性が確保しやすい。
網戸がスライドするので、窓の外に顔を出せる。

【デメリット】
窓を開けて換気する際は
他の形式の上げ下げ窓よりも不利。


ダブルハング窓

【メリット】
上と下の両方を開けて換気できるので、効率的に換気できる。
下だけを開ける、あるいは上だけを開けるなど、窓の開け方のバリエーションが多い。

【デメリット】
シングルハング窓よりも気密性が確保しにくい。
網戸は基本的に窓全体を覆う固定式なので、窓の外に顔が出せない。

 

バランス上下窓

【メリット】
上と下の両方を開けて換気できるので、効率的に換気できる。
上下の窓が同時に動くので、開閉の操作が簡単。

【デメリット】
シングルハング窓よりも気密性が確保しにくい。
網戸は基本的に窓全体を覆う固定式なので、窓の外に顔が出せない。
他の形式の上げ下げ窓よりも効果。

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について