天井断熱と屋根断熱の比較【メリットとデメリット】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 天井断熱と屋根断熱の比較【メリットとデメリット】

<スポンサードリンク>

 

断熱を屋根でするのか天井でするのかによって、 それぞれにメリットとデメリットがあります。
その辺りを比較して分かりやすく解説します。

 

天井断熱と屋根断熱の比較の目次

天井断熱と屋根断熱天井断熱と屋根断熱とはどんな工法?

 

天井断熱と屋根断熱天井断熱のメリットとデメリット

 

天井断熱と屋根断熱屋根断熱のメリットとデメリット

 

天井断熱と屋根断熱天井断熱か屋根断熱か 選択の仕方

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

文字通り、天井で断熱をするのが天井断熱、
屋根で断熱をするのが屋根断熱です。

屋根断熱の場合は、根太あるいは登り梁の屋根構造の中に充填する充填断熱と
屋根構造の外側に断熱材を張る外張り断熱があります。

天井断熱の方が一般的な断熱方法です。

 

天井断熱
屋根断熱

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

 

天井断熱の断熱材には
一般的にはグラスウールロックウールが使われます。
セルローズファイバーやその他繊維系の断熱材をを吹き込む方法もあります。

天井より上は外部空間となり、特に夏場は熱せられて高温となるため、小屋裏の換気量をしっかり確保することが重要です。

 

グラスウールによる天井断熱


 ★天井断熱のメリット

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 ★天井断熱のデメリット

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

 

屋根で断熱するので、小屋裏が断熱材の内側になり、室内と同じ環境として扱う事ができます。

断熱方法には充填断熱と外張り断熱があります。

断熱材には
充填断熱であれば、グラスウール、ロックウール、セルローズファイバーなど繊維系の断熱材で、
外張り断熱であれば、発泡プラスチック系の断熱材になります。

断熱材の外側に通気層を設けて、屋根材で熱せられた空気が棟から排出される構造にします。

 

スチレンフォームによる屋根断熱

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 ★屋根断熱のメリット

 

 

 ★屋根断熱のデメリット

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

勾配天井にしたり、ロフトを設けるなどといった小屋裏部を積極的に利用するのであれば屋根断熱をするしかありません。
そうでないのでしたら、天井断熱にするのが良いでしょう。
小屋裏収納を設ける場合は小屋裏収納の壁と天井で断熱して、屋根断熱にはする必要がないと思います。

もし、外張り断熱工法の場合、気密性を確保しやすいというメリットがありますが、
「外張り断熱の壁」と「天井断熱」の組み合わせにすると、気密性を確保する難易度が高くなります。

気密性の確保を優先したい方は「外張り断熱の壁」に「外張り断熱の屋根断熱」という組み合わせにした方が良いでしょう。


 

断熱材の種類と比較比較についてはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】住宅の断熱材を比較【種類・価格・特徴】

 

断熱工法の比較について更に詳しくはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】

 

床断熱と基礎断熱の違いについてはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】床下の断熱【床断熱or基礎断熱】

 

断熱工法の組合せの違いによる全18パターンの比較

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】断熱工法の組合せと特徴

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について