床下の断熱【床断熱or基礎断熱】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 床下の断熱【床断熱or基礎断熱】

<スポンサーリンク>

 

床下の断熱方法には
1階床で断熱をする床断熱と
基礎の外周部に断熱材を施す基礎断熱があります。

 

天井断熱と屋根断熱の比較の目次

床断熱と基礎断熱床断熱のメリットとデメリット

 

床断熱と基礎断熱基礎断熱のメリットとデメリット

 

床断熱と基礎断熱基礎断熱の外断熱

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

今建築されている住宅の内、9割以上は床断熱です。

1階床組みの根太や大引きの間に発泡プラスチック系の断熱材を入れて、
床下の断熱材より下には外気が流れます。

以前は基礎に換気口を設けて床下を換気させていましたが、
現在は基礎パッキンによって床下換気をするのが一般的になっています。

 

床断熱

 

 

 ★床断熱のメリット

 

 

 

 

 ★床断熱のデメリット

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

 

基礎の外周部に断熱材を施し、床下を室内と同じ環境にします。

 

基礎断熱

 

 

<スポンサードリンク>

 

 ★基礎断熱のメリット

 

 

 ★基礎断熱のデメリット

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

<スポンサードリンク>

 

 

基礎断熱にするのであれば、
本来であれば外側に断熱材を設けた方が、コンクリートの蓄熱効果を利用できるので室内の温熱環境が安定します。
しかし、断熱材は基礎の内側に設けるのが一般的です。
その最大の理由はシロアリです。

 

基礎断熱とシロアリ


断熱材を外側に設けるとシロアリは発泡プラスチック系の断熱材を蟻道として利用し建物内へ侵入してきてしまうからです。
断熱材の中では唯一、発泡ポリカーボネートであれば、非常に硬い材料なのでシロアリの歯が立たず、蟻道として利用されません。
ただ、発泡ポリカーボネートの断熱性能がもう一つ物足りないところもあるので、やはり内側にも断熱材が必要になるかもしれません。
また、断熱材の外側にシロアリが侵入できないように細かい金属メッシュを施すという方法もあります。


 

断熱材の種類と比較比較についてはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】住宅の断熱材を比較【種類・価格・特徴】

 

断熱工法の比較について更に詳しくはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】

 

天井断熱と屋根断熱の違いについてはこちら

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】天井断熱と屋根断熱の比較【メリットとデメリット】

 

断熱工法の組合せの違いによる全18パターンの比較

断熱工法の比較【充填断熱or外張り断熱】断熱工法の組合せと特徴

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について