家の防犯対策/空き巣の侵入手段

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 家の防犯対策/空き巣の侵入手段

<スポンサーリンク>

 

泥棒の金庫破りと言うと、 聴診器をあて、専用の工具を駆使して 金庫を開けるようなイメージがありますが、実際は無理やり壊して開けてしまうんですね。

結局、一番手っ取り早い方法で仕事をするんです。

家へ侵入する際も、手っ取り早い方法で侵入します。

ピッキングの技術を駆使して玄関のカギを開けるなんて事はしません。
空き巣の侵入手段の内65.5%が、窓などのガラス破りです。

空き巣の侵入手段

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

窓ガラスを破って侵入する場合、 イメージ的には 「ガラスカッターなどの専用工具を使って、差し足、忍び足で入って行くのがプロの技」と思いがちですが、そんなことをする泥棒はまったくいません。

 

空き巣のガラス破り

 

泥棒がガラス破りの方法として、最もよく使う方法が「こじ破り」という方法です。ここではその方法を公開しませんが、 実はどこにでもあるような道具で、ほとんど音もなく、簡単にガラスを割ることができるのです。

実際に私もやってみましたが、あまりにも簡単に、音もなく割れてしまうので、 驚きです。

「こじ破り」によって、サッシのクレセントを回すのに必要な大きさの穴を開けるのに 要する時間はわずか5秒足らずです。

ペアガラスであっても、 同じことを2回するだけですから、 10秒もあれば空き巣に入られてしまうのです。

 

また、準防火地域などではワイヤーの入った網入りガラスを使用する事になっています。

防犯の役に立たない網入りガラス

ワイヤーが入っている分、安全だと思われがちですが、それは全くの誤りです。

実は普通のガラスと割る手間はほとんど変わりません。

逆に、ワイヤーが入っていると、ハンマーやバールで叩き割っても、音は小さいなり、、割れたガラスが下に落ちて、大きな音が出てしまう可能性が無いので、むしろ、泥棒にとっては網入りガラスの方が仕事がしやすくなります。

 

簡単にできる窓の防犯対策は下をご覧ください

 

窓の防犯対策へ 窓の防犯対策/防犯アラーム(ブザー)

 

窓の防犯対策へ 窓の防犯対策/防犯フィルム

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

最近は防犯用の面格子がサッシメーカーから発売されていますが、
それ以外の普通の面格子は防犯対策としては、全く役に立ちません。

 

防犯の役には立たない面格子

写真の面格子は防犯対策としては有効ではありません


実際に私もやってみましたが、 面格子を外すのに要した時間は10秒足らずでした。

面格子が付いている窓は安全だと思って、
通気のために、 その窓を開けたまま外出するなんて事が多々あるんじゃないですか?

実は泥棒は、そういう窓を狙って入ってくるのです。

それに、面格子を付けるような窓は、 家の裏の方だったりするので、
泥棒にとっては人目につかず、余計に好都合なのです。

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

空き巣の侵入経路に防犯カメラを設置するのは、ある一定の効果が期待できます。

 

防犯カメラ

 

もし、空き巣被害にあったとしても、防犯カメラの映像から犯人を割り出す事ができるかも知れません。

それよりも何よりも、防犯意識が高い家である事を泥棒に印象付けますので、泥棒も諦めてくれる可能性が高くなるでしょう。

ただし、泥棒のほとんどは予め下見をしますので、当然、防犯カメラがある事をチェックします。
空き巣に入る際には 防犯カメラの前で顔を隠せばいいだけですし、むしろ、防犯カメラの設置には、それなりの費用が掛かりますので、家の中に盗られたら困るものが沢山あるという事を教えている事にもなりかねません。

防犯カメラは有効ですが、過信せずに他にも防犯対策を講じておく事が必要です。

ところで、ダミーの防犯カメラがありますが、あれは全く意味がありません。
泥棒が見れば、直ぐに偽物だとわかってしまいます。

 

<スポンサードリンク>

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

人感センサーが泥棒を感知して光る防犯ライトもある一定の効果は期待できます。

防犯ライト

 

夜の闇に紛れて犯行に及ぶ泥棒にとって、光は大敵です。
泥棒が予め下見をした際に防犯ライトがあれば、この家は止めておこうとなる可能性は高くなるでしょう。

しかし、塀で囲まれているような人目に付きにくい場所であれば、防犯ライトがあってもあまり効果はありません。むしろ、明るく照らして仕事がしやすくなってしまうかも知れません。

 

このページのトップへ ↑ 

 

警備会社のステッカーを玄関先などに貼ってある家がよくあります。
実は防犯グッズ売り場でもステッカーを売っていますが、ステッカーだけだと泥棒にはすぐに見破られてしまいます。ステッカーだけでは全く意味がありません。

防犯用の警備会社のステッカー

実際に警備会社と契約して防犯体制を整えれば、泥棒も一見してそれが分かりますので、かなりの抑止力になる事は間違いありません。

ただし、それも過信は禁物です。
警備会社と契約すれば、 何十万円もの設備工事費や加入金がかかりますし、 毎月の出費もバカにならない額です。

これまで私が建てた新築住宅で、警備会社と契約するお宅が何件かありました。それらのお宅は一般的なお宅より生活レベルが高く、家に盗られたら困るものが沢山あるお宅でした。

つまり、警備会社と契約しているという事は、 「この家はお金持ちですよ」という証拠なのです。

警備会社が異常を検知して到着するまでの時間は10~15分。一方で泥棒は5分あれば金目の物を探し当て仕事を終えてしまいます。

なので、大物狙いの泥棒にとっては格好のターゲットになりかねませんので、警備会社と契約しているからといって過信は禁物です。警備会社とは別に独自に防犯対策をすれば、より安心です。

簡単にできる窓の防犯対策は下をご覧ください

窓の防犯対策へ 窓の防犯対策/防犯アラーム(ブザー)

窓の防犯対策へ 窓の防犯対策/防犯フィルム

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について