【相続】子供や孫への相続(第一順位)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>相続の基礎知識>>第一順位

<スポンサーリンク>

 

 

相続する上で、問題となるのが、誰がいくら相続するのか?

相続には順位があり、
順位の上の人が優先的に相続人(相続を受ける人)となり、
上の順位の人がいなければ、その下の順位の人が相続人になります。

法律上で相続の第一順位になっているのが、「配偶者」と「直系卑属」です。

直系卑属とは、被相続人(遺産を残して亡くなった人)の子供や孫にあたる人の事です。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 子供や孫がいる場合の相続

 

基本的な相続のパターンです。

原則として配偶者(妻)と直系卑属(子供や孫)は相続できますが、
その他の人は相続できません。

 

相続の第一順位

 

 

 

 

被相続人(本人)が遺産を残して死亡すると
被相続人の配偶者(妻)が遺産の1/2を相続して、残りの1/2を子供が分け合います。

ただし、上の図で、孫も直系卑属ではありますが、
被相続人の子である長男が相続する場合、孫は相続人になれません(相続することができない)。

義娘(長男の配偶者)も直系卑属ではないので相続人になれません。

その他の被相続人(本人)の親や兄弟姉妹も相続人になれません。

 

 

 もし、愛人に隠し子がいたら?

 

当然、愛人は相続人にはなれませんが、隠し子は被相続人の直系卑属になるので、相続できます。

その場合、相続できるのは正式な妻との子(摘出子)の1/2です。

上の図の例でいうと
6000万円の遺産があった場合、妻が3000万円、
残りの3000万円を分けて、
長男と長女が1200万円ずつ、
隠し子がその半分の600万円を相続することになります。

 

仮に、被相続人(亡くなった人)と、その妻との間に子供が1人もいなくて、
愛人との間にだけ子供(隠し子)がいたとしたら、
その隠し子は3000万円を相続することになり、妻としては心中穏やかではいられないでしょうね。

 

ここでご紹介したパターンでは、孫は相続できませんが、孫が相続できるパターンもあります。「次ページ」ではその辺りをご紹介します。

 

<<相続のTOP次のページ>>

 

<スポンサーリンク>

遺産相続のメニュー

 

 

遺産相続のメニュー第一順位

 ‥‥子供がいる場合の相続

配偶者と子供以外は相続できない。
配偶者と子供の相続分(分配する割合)は?
もし、隠し子がいたら?

 

遺産相続のメニュー代襲相続

 ‥‥子供の代わりに孫が相続

被相続人の子供が既に死亡していたら孫が相続する
代襲相続の相続分(分配する割合)は?

 

遺産相続のメニュー相続の承認と放棄

 ‥‥相続を放棄する事もできる

単純承認とは?
限定承認とは?
相続を放棄すると、どうなる?

 

遺産相続のメニュー第二順位と第三順位

 ‥‥子供や孫がいない場合の相続

被相続人に子供がいなかったら?
被相続人に子供も親もいなかったら?
被相続人に子供も親も兄弟姉妹もいなかったら?

 

遺産相続のメニュー遺産分割

 ‥‥土地や住宅、車、などを分割

相続人全員の同意が必要
分割前でも他人に譲渡できる?

 

遺産相続のメニュー遺言

 ‥‥自分の財産を誰にどれだけ託すのか、意思表示する

遺言があると、遺産はどうなるのか?
遺言が有効でなくなるパターンとは?

 

遺産相続のメニュー相続税

 ‥‥相続税がかかる? かからない?

相続税がかからない範囲はいくらまで?
相続税のメニュー相続税の税率と計算方法?
相続税のメニュー不動産(土地・建物)の評価額

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について